レストランのご予約

PHILOSOHY 食への想い

素材本来の味わいを生かし、体にもやさしい、
魅力的なメニューへの進化

外食って油っぽいものが多く、体に悪そう。などとお考えの方は多いのではないでしょうか?HUGEでは、自然の旨味や素材本来の味を楽しんでいただきたい、体に優しいものを取り入れていただきたいとの想いから独自の取り組みを行っております。

NO MSGNo MSG on all gourmet dishesうまみ調味料の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは一切使用しておりません。

グルタミン酸ナトリウムに代表される、うまみ調味料(HUGEでは化学調味料として区別しています)の使用に関しては、文献や風評などを見ても良し悪しについては様々な見解があり、曖昧な点が多いです。

ただ、この化学調味料の扱いについて外食産業全体においては、使用量や体への影響などへの厳格な取り決めや独自の規制などは見受けられないのが現状です。それは漠然と「体に悪そう」とか「自然由来のものではないからなるべく避けている」などのように曖昧に捉えてられる方が多いからではないでしょうか?

私たちの考え方も、化学調味料が体に悪いからやめる、ということではありません。

「もっと素材本来の味を大事にしたい」、「もっと自然に素材から出る旨味を楽しんでもらうにはどうしたらいいだろう…」と考えたときに、手軽に一定の旨さを簡単に添加できる化学調味料を除いてみてはどうだろう、という考えに至り、化学調味料の主成分であるグルタミン酸ナトリウムを含む、素材、加工品、輸入食品を完全に使用食材から除外しました。

一部の食べ慣れた加工品において(ベーコンやソーセージ類、明太子やドレッシングなど)味が物足りなく感じられる方も多いかと思います。しかしその味が、素材本来のものであり、ここからより一層、味わいのある魅力的なメニューに進化させることが、私たちの目指すべき道なのではないかと考えています。

※あわせて合成着色料も一部輸入ハム類を除いて全て不使用としました。

ZERO Trans fat NON GMOCooked in Cold Pressed ZERO Trans Fat Oil made by NON GMO Ingredients.HUGEの調理油は、国内基準でトランス脂肪酸を一切含まない、非遺伝子組み換えの原料を
昔ながらの低温圧搾抽出法で搾られた一番搾りの油のみを使用しております。

ショートニングやクッキー、スナック菓子等の加工食品に含まれるトランス脂肪酸は、取りすぎると心臓病などのリスクを高めるといわれています。アメリカでは心血管疾患は主な死亡原因でもあるため、その要因となるトランス脂肪酸を多く含む食品の摂取を少なくするよう呼びかけています。

一方、日本では、平均摂取量が世界保健機関(WHO)の基準値よりも少ないことから、通常の食生活を送っていれば健康への影響は小さいとされていますが、HUGEでは各レストランで使用する調理油を全て、トランス脂肪酸を一切含まない油に切り替えをしました。

あわせて、油の原料は非遺伝子組み換えを使用し、昔ながらの低温圧搾抽出法で搾られた一番搾りの油のみを使用しております。

HUGE 10の約束HUGEをもっと知る