ホールShomaru2015年4月入社
Cafe RIGOLETTO所属

その瞬間から「ワクワク、ドキドキ」が止まらない。

HUGE TOPrecruitインタビュー

私にとっての"HUGE"

サービスをやりたいと新卒として就職活動をする中でHUGEを見つけ、まずは会社説明会に行きました。

説明会が終わり、帰りのエレベーターで採用担当の方に一つ質問をしたところ「小野さんでしたら…」と答えてくれました。その時は既に名札を外した後で、説明会では50名近くいたうちの一人にすぎない僕の名前をなぜ呼べたのだろうと不思議でたまりませんでした。採用担当の方にとっては「日常」だったのかもしれませんが、僕にとってそれは「特別」な一瞬になりました。説明会の時に新川さんが仰っていた「それってワクワク、ドキドキできるの?」というフレーズが耳に残っていて、帰り道でもずっと“なんで名前が分かったんだろう?”と考えていて、こういう瞬間が人をワクワクドキドキさせることなんだ!と感じ仲間になりたいと思いました。

仕事の忘れられない“エピソード”

深夜12時に150名もの団体のお客様でお店が満席になったことがありました。

その日はいつもの平日となんら変わりのない日でしたが、お店の前は長蛇の列。当時遅い時間帯の責任者を任されていたので既に仕事を終えたスタッフに電話をしてまたお店に戻ってきてもらったり、このお客様たちをもてなしたいと、キッチンと協力してなんとか乗り切った営業でした。

理由はすぐに分かったのですが、ある会社の代表の方がご自身の講演会にてCafe RIGOLETTOの料理やサービスについてお褒め頂いたようでその講演帰りのお客様だったのです。実はその方が初めてご来店頂いた時、私がサービスを担当していてイタリアワインがお好きだとお話ししたことも鮮明に覚えていました。あの時がなければ、その日の150名のお客様のご来店はありませんでした。

一瞬にして満席になったあの光景はずっと忘れられないなと思います。

これからの“わたし”

次の目標は「ソムリエコンクール」への出場です。

そのためにはワインの知識だけではなくサービスそして語学力も必要となっています。世界的に活躍されているコーポレートソムリエの石田さんは僕にとっては雲の上の人。まだまだですがそんな石田さんに少しでも近づけたり、石田さんが見ている世界を少しでも見ることができたら…。自分の人生はもっと楽しいものになると確信しています。s

そんな思いから石田さんが出場されていたソムリエコンクールへのチャレンジを決めました。個人のスキルを磨くことはもちろん、店舗を支える重要なスタッフとして、世の中で変わっていくニーズを掴みながらお店も自分も「進化」していくことを目指したいと思います。

HUGEのお気に入りの店舗

Cafe RIGOLETTO

私が働いているレストランなので愛着があるというのもあるのですが、実はこの店はHUGEの第1号店。吉祥寺にしかない、吉祥寺らしいあたたかい雰囲気はほっと落ち着くものがあります。ランチには女性や若い方たち、日曜日にはたくさんのご家族、深夜にはカウンターでおひとりで楽しまれるお客様がいらっしゃったり。吉祥寺で12年。吉祥寺という街のカラーが反映された、街になくてはならないお店になっていると思います。

私のDAY OFF!

とにかくワイン!!

ソムリエ試験のためにお店では仕事が終わってからも残ったり、休みの日は家にこもってひたすら勉強していました。好きなことなので全く苦にはならず、とにかく夢中で取り組んだ毎日でした。無事ソムリエの資格取得ができたので、これからは更なるスキルアップを目指して、色んなレストランに足を運んだり、もっともっといろんなワインに出会いたいと思っています。

気になる
HUGEメンバーは?

HUGEコーポレートソムリエ
石田博さん

世界的に活躍されているソムリエで、スマートなサービス、とてつもなくたくさんの知識を持っていらっしゃいます。こんな方に間近で教わることができることに身震いしています。私も石田さんのように世界に通用するようなソムリエを目指しています。

HUGEの言葉で
好きなものは?

それって“ワクワク・ドキドキ”できるの?

自分の好きを極めることにチャレンジしよう!

ENTRY!