ウェディングプランナーRena2016年4月入社
Party Desk所属

一組一組を大切に、お客様に寄り添ったHUGEらしいウエディングを。

HUGE TOPrecruitインタビュー

私にとっての"HUGE"

就職活動を行う中でお客様に寄り添ったウエディングをしたい!というのが私の強い思いでした。

多くの結婚式場ではプランナーは担当制となっており、そこに違和感や切なさを感じていました。会場に入って、案内したプランナーに任せたいと思って決めてくださったのに、その後の打合せや結婚式当日のお手伝いを一緒にできないのか…。そんな時HUGEに出合い、一日一組のお客様にしっかりと向き合ってウエディングを行っていることにとても共感しました。プランナーも担当制ではなく最初から最後までお客様と一緒にウエディングを創り上げていきます。

最初にお会いして今から始まる挙式への準備へワクワクしているお客様、そして当日そのお客様が輝いている姿を見るとぐっとくるものがありますね。私にとってHUGEは自分の理想にチャレンジさせてくれる場所です。

仕事の忘れられない“エピソード”

ウエディングプランナーというと華やかなイメージを持たれる方が多いと思いますが、実際はデスクワークなどたくさんの裏方のお仕事があり、そこに費やしている時間の方が多いときもあります。

自分の思い描いていたイメージとのギャップ、そしてデスクワークのスキルが追い付かず、キャパオーバーしそうになった時期もありました。そんな中、初めて結婚式の二次会をメインで担当するチャンスをもらいました。

その時のお客様に「岩間さんにお願いして良かったです。ありがとうございました!」と言われた時の嬉しさは何にも代えがたいものがありました。大切な日を楽しむお二人の笑顔が見れた時は、お手伝いができて良かったと心から思います。

これからの“わたし”

DAZZLEのサービス・レセプションを経て、ウエディングチームに異動をして1年が経ちました。

少しずつ挙式のアシスタントや二次会のお客様へのご案内など、担当する仕事も増えてきました。ですがお客様のイメージを聞き出し、新郎新婦がワクワクするようなパーティーを具現化するのにはまだまだ苦戦しています。DAZZLEで学んだサービス力を生かして、おふたりのイメージを上手く聞き出し、形にしたいと思っています。

そしてやはり私の入社前からの目標は新郎新婦に寄り添ったオリジナルウエディングのプランニングをしていくことです。思い出の大切な記念日毎にDAZZLEにお越し頂き、式の思い出話をして頂きながらお食事をして、おふたりの人生の一部にも寄り添っていけるようなプランナーになりたいです。お客様にこうやってお会いできて関係性が続いていくのもやはりレストランならではの魅力だと思います。

HUGEのお気に入りの店舗

Cucina del NABUCCO

店内で作る自家製チーズが自慢のNabucco。モッツァレラやスカモルツァなどどれも美味しいのですが、特に季節のフルーツジャムと合わせて食べるリコッタチーズは格別です!
(実はこのお店、週末はチャペルにもなるんですよ…)

私のDAY OFF!

休みの日によく旅行します!

旅行先では観光地をまわり、美味しい物を食べ歩きます。食事も外せませんが一番の楽しみは温泉に入ること。必ず部屋に露天風呂の付いた旅館に泊まり、ゆったりと温泉に浸かりながらお酒を飲む時間が一番幸せです。

気になる
HUGEメンバーは?

DAZZLE
ホールスタッフ
Harukaさん

私の同期で一緒にDAZZLEで働いていた大切な仲間です。彼女はDAZZLEのホールスタッフとして働きながら、挙式のキャプテンスタッフを目指しています。いつか私がプランニングしたお客様をHarukaがキャプテンスタッフとして創り上げる。それが私たちの目標です。

HUGEの言葉で
好きなものは?

自分たちがワクワクドキドキできないと、お客様を楽しませることなんてできない!

ENTRY!